地上デジタル放送について

地デ時LIFE
テレビ放送の歴史| セグメントとは| B-CASカード|
アナアナ変換|地上デジタル放送の開始時期|form

テレビ放送の歴史

テレビの放送はいつごろ始まったのでしょうか。現代の地上デジタルテレビ放送に変わるまでの歴史を調べてみました。

戦後から1950年代にかけて、「社団法人日本放送協会」が公共企業体としての「特殊法人日本放送協会」に改組され、1953年にはテレビ放送が開始されたようです。しかし、当時高価だったテレビは一般市民には購入できず、(当時はテレビが30万円前後)普及は困難だったそうです。 1959年の皇太子ご成婚をきっかけにテレビ受像機が普及し始め、1960年代後半カラーテレビ化と、1970年代からラジオFM放送が開始されたことで、娯楽の中心はテレビになり、ラジオは現在のような、音楽を中心とした構成に移行していったようです。 1970年代後半から1980年代はじめにかけて、日本テレビが全国初の24時間テレビを放映。それから民法各局で音声多重放送が開始されるなどして、テレビの人気が一気にピークまで加速。 1970年代後半から1980年代初めに掛けて、日本テレビが日本全国としては初のテレソン・24時間テレビを放映。秋には民放各局で音声多重放送が開始されるなど、テレビ人気が一気にピークまで加速したそうです。 1980年代になると、テレビ放送の大変革期を迎え、1988年には高校野球およびソウルオリンピックにて初のハイビジョン生中継が実施され、その翌年にはクリアビジョン放送を開始。 「スペースシャワーTV」(音楽番組)・「朝日ニュースター」(報道番組)など多数の専門CS局が都市型CATV向けに放送開始。 1989年の平成元年6がる1日にはNHKが衛星放送のBS1、BS2の本放送を開始。視聴の幅も拡大し、また同年の昭和64年1月、NHKと民放5ネットワーク、同日と翌日に渡って特別編成を実施。テレビがメディアの中心と誰もが認知していることへの象徴となったそうです。 地デジ・地上デジタル放送 日本におけるデジタル放送の草分けは、1996年9月30日のパーフェクトTV(現在のスカイパーフェクトTV)で、1998年に開局直前のJスカイBを 吸収・合併し、現在のプラットフォームになったようです。 これまでケーブルテレビでしか見ることが出来なかったジャンル別専門放送を直接チューナーとアンテナを使って受信できるようにして、また、従来のケーブルテレビで視聴可能だった30チャンネル前後から、テレビ/ラジオ合わせて300チャンネルの視聴を可能とした、革新的なデジタル放送の登場。2004年にはアンテナを設置できない集合住宅向けに、スカパー等の電波を光信号に変換して光ケーブルで伝送する「光パーフェクトTV!」が正式サービス化され、デジタル放送は一般に認知され、現在の地位を築いているようです。 地上デジタルテレビジョン放送は、1953年に放送が開始された地上のテレビジョン放送を、UHFチャンネルを使ったデジタル放送に置き換え、2006年の平成18年4月1日には、携帯端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」が全国29都府県で本放送開始され、いよいよこれからが地デジの本番といえる時期です。放送内容をデジタル(データ化)して配信する手法をとる「地デジ」は、 ただ映像クオリティの向上だけではなく、メディア全体の革新的なリニューアルという現象、現代版の「放送革命」に発展していくことでしょう。と、あるサイトで述べていましたが、ほんとにそうですよね。時代は進化していっているんですね。

『テレビ 歴史』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/lwqxwpi1/public_html/index.html on line 158

Favorite

風俗求人 男性 東京
http://tora-group.com/recruit/
横浜 デリヘル
http://www.ero-dx.jp/
錦 キャバクラ
http://www.club-runway.jp/
川崎 ソープ
http://www.kanagawa-soap.com/
短期 風俗
http://www.fu-tan.com/
デリヘル ドライバー
http://www.840gogo.com/

最終更新日:2016/3/31